読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糸をほぐす

頭の中のからまった糸をほぐすように、文章を書いています。

『逃げ恥』第9回 平匡さんと風見さん、2人の男について

『逃げ恥』第9回。

なんとなく正体がつかめない人だった風見さんは、第8回から輪郭が見えてきた。第9回、この人の優しいところが見えて、いつのまにか、私、平匡さんより風見さんの方を好きになってるかも。
対して平匡さん。今まで、風見さんと立場を変わってもいいだの、キスした後仕方ない感じでハグしたりだの、近寄る気配を見せてみくりちゃんを突き放し、みくりちゃんに「ずるい」と言わせていた自尊感情の低い男。でも今回の「ずるい」は、今までとは違った。
風見さんと平匡さん、この2人の男について私の個人的な思いを書きたい。

f:id:umisoma:20170130233445j:plain

第8回から、私の中で風見さん株が急上昇。顔だけのイケメンじゃない、というのはうすうす気づいてはいたんだけど、第9回はかっこよかった。
風見さんは思ったことを正直に相手に言う率直さがあり、この率直さをどう捉えるかによって好き嫌いが分かれると思う。
この人の率直さはきっと、表面だけ取り繕っていい顔してつきあっても、仕方ないと思っているから。率直な言葉は人を傷つけることもあるし、つきあいの浅い人には誤解されやすいだろうけど、表裏がないことを理解すれば、信用するに値する人とわかる。
例えば、会社で、平匡さんに自分の思っていることを伝えるシーン。
「正直に言うと、みくりさんが好きです。」「津崎さんのことも好きです。」
津崎さんのことも好きだから、心配させるようなことは自分はしない、と伝えている。
そして第8回で百合ちゃんの車の中で自分の過去の話をしてとき、平匡さんが起きているのに気づいてたことも、言っちゃうのね。
この過去の話というのは、風見さんが中学時代にはじめてつきあった彼女に「私は地味だしかわいくないし風見くんとは違う」とふられたとき、彼女は風見さんがどう思っているかを考えず自分のことしか見ていなかった、そんな彼女に何も言ってあげられなかった、という話。
これは、平匡さんに対して、みくりちゃんの気持ちをちゃんと考えてあげてるのかというメッセージ。風見さんは、自分は性格悪いから、平匡さんが起きているのを知っててわざとその話をしたのだと話す。
こんなまわりくどい気持ちの伝え方ができるのは、駆け引きができる人。こういう人って、これまで他人との関わりの中で、自分を理解してもらえないジレンマを抱えてきた人なんじゃないだろうか。その結果、理解されない人には理解されなくてもいいという割り切りと、でも好きな人とは理解しあいたいという意志で、人づきあいをするようになったんじゃないだろうか。

風見さんで気になったのはもうひとつ、風見さんの優しさがストレートに伝わるシーン。
外で思わず涙を流した百合ちゃんを、まわりの人の視線から隠すために壁ドンするところ。しかも、百合ちゃんを気遣って、自分も涙を見ないよう視線をそらす。
かっこよすぎます。
こんなことをされて心が動かない女がいるだろうか。
百合ちゃん!


そして。平匡さん。
ずっと自分の気持ちを押さえつけ「雇用主」の立場に自分を押し込めていたせいで、なかなか「恋人」の立場にシフトできず、雇用関係のシステムの再構築とか言い出す。それを言われたときのみくりちゃんの目が「そうじゃなくて・・・!」と全力で訴えている。
いつまでも事務的でシステマチックな平匡さんに不満がたまってきたみくりちゃんに、平匡さんはようやく
「みくりさんはもう簡単に手放せる人じゃないんです」
と言う。でもこの言い方がまた事務的。「雇用主」の発言とも「恋人」の発言ともとれる。
だから言ったみくりちゃんの「ずるい」。
「雇用主」なのか「恋人」なのか、はっきりしてほしい。自分は恋人として平匡さんを好きなのに、どっちつかずの言葉で惑わさないでほしい。
「私ばっかり好きで」というみくりちゃんの言葉に、あっさり「好きですよ」と言う平匡さん。え、前から言ってますけど、みたいな感じで。
この言い方がやっぱり事務的なんだよなあと思い、そうかと気づく。平匡さんは、好きという気持ちの表し方がわかってないんだ。
けど事務的なのはここまで。みくりちゃんが怒っているのは嫉妬からだと思った途端、どうでしょう。
嫉妬してくれたんですかと訊くとき、すでに顔がにやけている。
嫉妬されるなんて生まれてはじめてだし、怒ってるみくりちゃんもとんでもなくかわいいし、もう笑いが抑えられない。
って、そこで笑うか平匡さん。
あなたのつれない態度に今まで傷けられてきたみくりちゃんを思い、つい「笑うな」と言ったのは私だけではないだろう。
なのに、「ずっと・・・僕のこと好きならいいのになって思ってました」って!
これを言われたらもう怒れないよ。
ずるい。

というか、このへんから星野源のエロさが平匡さんに流れ込んでいる気がして、どうも今までの平匡さんになかったエロさが見える気が・・・。
自然にハグしちゃうし、平然と「一緒にいますか?朝まで」とか言っちゃうし。その表情さえ今までのオタオタしていた平匡さんと違うじゃないか。
ともあれ、彼女いない歴35年だった平匡さんがその年月を猛烈な勢いでうめ、ようやく恋愛というものに肌をなじませてきたみたい。


おまけ 百合ちゃんの涙
やっぱり気になった、百合ちゃんの涙のシーン。
会社のためにと一生懸命がんばっているのに、何かあるとすぐに「あの人は結婚してないから」と言われる。こういうことは実際にある。
仕事上のことをプライベートなことであてこするのは、ほとんどの場合嫉妬からだと思うのだけど、わかっていても言われた方は落ち込む。
落ち込んだとき、じゃあこんな思いをしながら何のためにがんばってるのかと自分に訊いたら、家族がいる人なら「家族のため」かもしれないし、あとは例えば「お金のため」かもしれないけれど、そういうものがなければ、百合ちゃんのように、自分の後ろにいる若い子たちが自分を見て勇気づけられるかもしれない、そのためにかっこよく生きなきゃ、と思うのかもしれない。
これは、けっこうしんどいことではある。子どもとかお金は目に見えるものだけど、自分の後ろにいる若い子たちの姿は見えない。それ以前に、いるかどうかすらわからない。
本当は、自分の後ろにいる若い子たちというのは、自分を奮い立たせるために作り上げた幻想なのかもしれない。
百合ちゃんが涙を流してしまったのは、風見さんにそれを見透かされて、自分ががんばってるのは、ただひたすら自分のためでしかない、自分はひとりなんだと確認してしまったからだと思う。

自分のためだけにがんばるというのは自分がもういいと思えばいつでもやめられる、でももう少しがんばりたい、だから幻想を作ってそのためにがんばる、でも幻想はやはり幻想でしかない。
じゃあ何のためにがんばればいいんだろう。百合ちゃんはその答えを見つけられるんだろうか。もし見つけられるなら、その答えを私も知りたい。

『逃げ恥』について書いた記事
umisoma.hatenablog.com
umisoma.hatenablog.com
umisoma.hatenablog.com