読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糸をほぐす

頭の中のからまった糸をほぐすように、文章を書いています。

『逃げ恥』 最終回 面倒くさい2人が進む面倒くさい道

ドラマ

f:id:umisoma:20161224174904j:plain

結局みくりちゃんと平匡さんは、面倒くさい人どうし、似た者どうしなのね。 

平匡さんには「リストラされたから結婚」と言われ、仕事では「仕事だろ?金もらってるんだからしっかりやれよ」と言われ、カチンと来るよりモヤモヤするみくりちゃんはとても面倒くさい人。私もみくりちゃん同様「それって搾取ですよね」と思ってしまう面倒くさいタイプなのでわかるけど、みくりちゃんほど自分の思いを貫こうとしたら、相当生きにくいだろうなあ。

みくりちゃんのモヤモヤを解決するために「みくりCEOは」なんて発言している会議なんてもう、あなたたちってなんて面倒くさいの!だけど形はどうあれ相手と腹を割って話すという面倒さを続けなければ、関係はきっと表面的なものになる。そういえば竹内まりやさんが「夫婦がうまくやっていくためには話すことが大事」とどこかで言っていたなあ。

そんなふうに話し合いを始めた2人だったのに、ある日みくりちゃんが何気なく平匡さんに、ごはんを炊いておいてくださいと頼んだことが波風を起こす。帰宅してごはんが炊けていないのを見たみくりちゃんは、平匡さんにイライラしてしまう。今どきの炊飯器は早炊きできるから、あれこれ言ってる間に準備すればあっというまに炊けるよ!チンするごはん買いに行くより早いよ!

平匡さんにひどい態度を取ってしまったとみくりちゃんは自己嫌悪に陥る。私やっぱり小賢しい女なんだと過去の亡霊に襲われるところから、もういい私と一緒にいるより1人の方がいいですよねに流れてしまうみくりちゃんの気持ちはすごくよくわかる。

シャッターをガチャン!と閉じてしまったみくりちゃんに対して、平匡さんはそのシャッターを開けようと声をかけるんだけど、その平匡さんの話がまた面倒くさいのだ。

「極限まで面倒を避け続けたら、歩くのも食べるのも面倒になって、息を吸うのも面倒になって」って、何その話、なんてまどろっこしくて面倒な人だ。

でもこの後が平匡さんらしいところで、どうせ1人でも2人でも面倒なら一緒にいるのも手じゃないか、だましだましでも、何とか一緒にやっていけないかと。

ここで「僕たちは一緒にいた方がいいんです」とか言われたら、みくりちゃんなら「なんでそんなことわかるんですか?」となってしまう。とっても面倒な平匡さんの話が、みくりちゃんにはベストだったんだ。

 

そして、ハッピーエンドへ向かう青空市。ここのみくりちゃんのセリフが好き。

ぼーっとしてた平匡さんにお店を手伝わせるやっさんにみくりちゃんが言う、平匡さんは「ぼーっとしてるようでしてないの」。微笑ましい。

青空市の運営で生き生きとしているみくりちゃんを見て嬉しい平匡さん。みくりちゃんも、ずっと自分をとらえていた「小賢しさ」が人の役に立つこともあるとわかって嬉しい。そんなみくりちゃんに、平匡さんはみくりちゃんを小賢しいと思ったことはないと言う。この言葉で、みくりちゃんがずっと縛られ続けていた「小賢しさ」の呪縛がようやく解けた。

この後のハグは、ベタなんだけどやっぱりよかった。第4回で、平匡さんの部屋で平匡さんの言葉に感動したみくりちゃんが「アメリカ人ならハグできたのに」と言った、ハグしたいけどそんなことできない関係だった2人を思い出すと、みんなが見ている前でもハグできる関係になったんだなあ、よかったなあと思う。

 

気になっていた百合ちゃんと風見さん。こちらもよかった。

 百合ちゃんは、最初から最後までキレイでかっこいい大人だったな。

もし私が自分より若い女の子に「オネーサン、その年で若い男に色目使ったりしてないですよね」なんて言われたら、百合ちゃんみたいに冷静で余裕ある大人の対応ができるだろうか。自信ないなあ。

年齢の呪縛ってやっぱりあって、「もう少し若かったら」と私も口にしてしまうし、若いから踏み切れることは実際あると思うけど、できることなら年齢を言い訳にはしたくない。百合ちゃんは年齢の呪縛を解き放つ決心をしたのだけど、49歳の処女が17歳年下の男とつきあうって、もしかしたらものすごく大きな一歩なのかもしれないな。

 

 終わったんだけど、みくりちゃんと平匡さんの模索は続いていく。

 面倒くさいことが好きな面倒くさい2人が、お互いの面倒くささを受け入れて、新しい面倒くささに踏み出していく。そんな最終回でした。

2人がくっつく9回までと、10回、最終回はほとんど別のドラマでしたが、それはそれで楽しめた。だけど私は平匡さんがコンプレックスを乗り越える前の自尊感情の低い男ぶりが好きでした。もちろんそのコンプレックスを乗り越えなければ2人はここまで来られなかったので、これでよかったんだけども。

 

それにしても、 最終回で1番驚いたのは梅原くんのカミングアウトでした。全然、気づかなかったな。

 

『逃げ恥』について書いた記事

  

 

umisoma.hatenablog.com